髪のケア 40代以降の為の今日からできる髪に1番良いホームケア

40代以降の為の今日から出来る髪に1番良いホームケアの話

 

こんにちは、カノダです。

お客さまから髪を綺麗にするために「家でのホームケアはどうすれば良いですか?」とのご質問をよく聞かれます。

カノダが思う1番髪に良いホームケアは
「毎日お風呂上がりにすぐ髪を乾かす事です。」
え!そんな事?と思われるかもしれませんが、 ものすごく大事な事です。
まず髪で1番知っておいていただきたい事は、
髪のキューティクルは様々な要因で傷んできまいます、

『1度キューティクルが損傷すると、何をしてもキューティクルは2度と傷んだ状態からは戻らない』という事です。

そうした髪の事をふまえ、どうして乾かす事がそんなに大事かと言いますと、
まず健康で綺麗なキューティクルの状態です

 

健康キューティクル

 

この画像くらい綺麗な状態は理想的な髪で、天使の輪がある子供の髪の状態です。
良くみていただくと分かるように、キューティクルは魚のウロコみたいな感じでついています。

カラーをしたり、コテで巻いたり、ドライヤー等の摩擦や熱で傷むと、キューティクルが損傷してきます。
↓の画像がキューティクルが傷んだ状態です。
傷んだキューティクル

傷んだキューティクル

 

キューティクルが損傷してくると、画像のように鱗のようなキューティクルが開いてきます。
キューティクルは濡れている時にとても傷みやすくなります、
↓傷んだ髪に水分を含むと下の絵のようになります。

 

水分を含んだキューティクル
絵のように、水分を含むと髪が膨潤しキューティクルが開きます、
髪が乾くと傷んでいる髪でもキューティクルが損傷しながらも閉じてくれます。
髪は水分が含まれ膨潤している時に、髪は摩擦に弱くキューティクルや髪の内部が1番傷みやすい状態になります。

 

そう考えると、お風呂上がりに濡れたまま放置していると、自然乾燥で乾くまでの何時間はキューティクルや髪の内部がとても傷みやすい状態で放置している事になりますし、
乾いていなくてそのまま寝てしまうと、キューティクルが閉じていない状態で枕や布団で髪が摩擦してしまい、めちゃくちゃ髪が傷んでしまう原因になってしまいます。

 

それが365日続くと、どんどんとキューティクルが損傷されてしまい、
枝毛や切れ毛になってしまう可能性があり、パサパサな髪になってしまう原因になってしまいます。

 

美髪の1番大切な事は、とにかく現状からなるべく髪を傷ませない事で、
髪を乾かす事が毎日できる1番のケアになります。

 

美の道も1日1日の積み重ねが大事で、365日お家でケアをする事がとても大事になってきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です