白髪染め(グレイカラー)の髪の傷みについて

こんばんは、

叶田です。

 

今日は髪の傷みでお悩みがある方のために、
以外と知られていない、
白髪染め(グレイカラー)の話です。

 

白髪染めをする年齢になり、
年齢だからと傷んでパサパサになるのは、
しょうがないと諦めていませんか??

 

髪が傷みパサパサになってしまうだけで、
見た目年齢は凄く上がってしまいます。

 

逆に髪をキレイにするだけで、
見た目年齢はマイナス10歳にもなります。

 

髪の傷みは、少し改善するだけでも、
すごく髪がキレイになっていくので、

日の話が、貴方のキレイの参考になれば嬉しいです。

 

お客さまがフィズに始めて来られる方でも、
白髪染めをして、髪が凄く傷んでパサパサになっている方が多いです。

 

なぜ傷むのか?

 

白髪染めをして直接傷む原因は3つです。

一、白髪染め自体の薬の力で髪が傷む

一、白髪染めの白髪を染める成分で髪が傷む

一、白髪を染めが終わりシャンプーしても髪の中の、取れない傷む成分が残っていて髪が傷む

 

ほぼこの3つが、白髪染めを続けるにつれて髪が傷んでしまう原因です。

 

貴方も初めて白髪染めをした時は、ツヤツヤになったのではないでしょうか?

 

それが二回三回と繰り返していくうちに、
だんだん髪がパシパシのパサパサになっていったのではないでしょうか?

 

僕の感覚ですが、

パサパサになるのは、白髪染め自体の傷みと、残留物のせいで、
パシパシになるのは、白髪染めの染まる成分のせいだと思います。

 

では、どう改善していけばよいのか?

どう今行っている美容の方に言えば良いのか?って話です。

 

まず、白髪染めですっっっごく大事な事は、
毎回毛先まで染めないって事です!

 

全体染めたら、次は根元だけ染める(根元だけ染める事を美容室ではリタッチと言います)

これだけで大きく変わり髪の傷みが変わります。

 

そして、全体を染める時の毛先は優しい薬剤で染めてもらう。

これは美容院によって置いている薬剤が様々あるので、

ぜひ相談してみて下さい。

 

そして、シャンプー後は残留物を取ってもらうお薬を使ってもらいましょう。

たぶんお店にあればプラス1000円くらいになるかもしれませんが、
自分が輝くためであり、見た目年齢マイナス10歳のためには、凄く安いものだと思います。

 

これを意識してやっていくだけでも、
髪はすごくキレイになっていきます。

 

ただ髪の毛というものは、すぐに傷みますが、
キレイにしていくのは時間がかかるので、

楽しんで自分の髪と付き合い、キレイにしていってほしいです。

 

いつも来てくださている白髪染めのフィズのお客さま写真です。

先日起こしいただいたHさまです、
この方は3週間に1度白髪染めをしてくださっています。

 

髪にクセがあるので、とても繊細で傷みやすい髪質で、
カラーの間にはパーマもしてくださっています。

全体染めとリタッチを交互にしていて、
全体の時の毛先のお薬はヘナを使い、カラーの色の補色と髪の内部強化をしています。

しっかり水分補給のトリートメントと残留物で傷まないように後処理をしているので、
髪が柔らかくツヤツヤです。

 

 

 

かなりキレイな髪の状態です。

大事な自分の髪の毛ですので、

自分も髪もいたわってあげてくださいね。
570-0075
大阪府守口市紅屋町6-5さくらビル2階

hair space Fizz
06-6994-7585

ココロの事やコーチングの事を書いていたブログです。
https://ameblo.jp/kanoda3/

↓ラインアットです。
よろしければ友達登録よろしくお願いいたします。

ご質問等あればラインアットに送っていただくか、
問い合わせか書きメールよりよろしくお願いいたします。

友だち追加

hairspacefizz@gmail.com

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です